禁煙補助薬で成功率大幅UP!今日から君も非喫煙者

チャンピックスとドパミンの関係

禁煙を成功させたい人にとってとっておきの治療薬があるのをご存知でしょうか?
その名も「チャンピックス」最近CMやインターネット広告、病院での資料などで聞いたことがあるという方は多いかと思われますが、実際に本当にたばこを辞められるのか半信半疑の人が多いようです。
今までたばこを辞めたいときはニコチンパッチやニコチンガムなどを使用していました。
タバコを辞められない理由のほとんどがニコチンによるものだからです。
喫煙したときに煙と一緒にニコチンも体の中に摂取されます。そして脳にあるアセチルコリン受容体というものと結びつくのです。
このアセチルコリン受容体とニコチンが結び付くことでドパミンと言う神経伝達物質が放出されます。
ドパミンはリラックス効果や気持ちが楽になる効果、満足感などを感じる事が出来るのです。
最初はまたそのリラックス効果を感じたいためにタバコを吸いたくなるのですが、吸い続けていると今度はたばこを吸わないとイライラしてしまったりしてきます。
これを離脱症状と言い依存症には必ずと言っていいほど起こる症状です。喫煙者が中々禁煙できない理由にはニコチンが関係していたのです。
しかしニコチンガムなどは一時的にたばこを吸わないだけであって根本的な依存症は改善されていません。
チャンピックスは全くニコチンを含んでいない禁煙補助剤で、服用することで有効成分がたばこのニコチンよりも早くアセチルコリン受容体と結びついてくれます。
そしてニコチンに比べると少量ですが、ドパミンを放出させてくれます。
そのため服用を始めた1週間はたばこを吸っていても大丈夫です。
これは離脱症状を防ぐと言ったことも含まれております。そして服用を続けているうちに段々たばこを吸いたいという気持ちが無くなってくるのです。
チャンピックスは12週間続けることで効果が得られるとなっておりますが、早い人だと2週間で効果が出たという方もいらっしゃいます。
スターターパックやフルパック、メンテナンスパックなど選ぶことができるので初めて利用する方はスターターパックがお勧めです。
病院で処方してもらう場合は、条件を満たせば12週間分は保険適用内となっています。
それ以降は適用外ですので注意してください。